新極真会 福岡支部 最新情報
活動報告|新極真会 福岡支部 新極真カラテ 緑健児道場
ホーム > 活動報告

全て表示
・大会選手成績(118)
・道場練習風景(122)
・昇段者速報(11)
・大会内容告知(63)
・キャンペーン(3)
・地域奉仕活動(6)
・道場オープン(35)
・道場案内紹介(13)
・インタビュー(10)
・メディア取材(65)
・合宿稽古風景(10)
・緑道場グッズ(2)
・海外活動情報(1)
・TV放送案内(14)
・セミナー(4)
・緑師範活動(8)
・道場生紹介(2)
・他、掲示事項(86)

キーワード:
■緑師範が福岡本部道場にて指導稽古を行いました。
2017年11月2日17:53:17
・掲載内容:道場練習風景
image
福岡本部道場の土曜日の少年部と一般部の初級クラスの稽古を緑師範が指導しました。少年部では、白帯の子供達に空手の基本の膝を柔軟にして構えた三戦立ち(さんちんだち)を指導され、また、腰を入れた膝蹴り、前蹴り、膝を刈り込んで高く、早く蹴る上段蹴りを全力で集中して稽古を行いました。一般部ではハンガリーから出稽古で来られたパップ・アンドラスさんも参加して基本稽古、ミット打ちを指導しました。ミット打ちでは、組手で相手が避けきれないパンチを打っての蹴りを指導しました。

■緑師範が福岡本部道場にて指導稽古を行いました。
2017年11月2日17:53:17
・掲載内容:道場練習風景
image
福岡本部道場の土曜日の少年部と一般部の初級クラスの稽古を緑師範が指導しました。少年部では、白帯の子供達に空手の基本の膝を柔軟にして構えた三戦立ち(さんちんだち)を指導され、また、腰を入れた膝蹴り、前蹴り、膝を刈り込んで高く、早く蹴る上段蹴りを全力で集中して稽古を行いました。一般部ではハンガリーから出稽古で来られたパップ・アンドラスさんも参加して基本稽古、ミット打ちを指導しました。ミット打ちでは、組手で相手が避けきれないパンチを打っての蹴りを指導しました。

■全日本空手大会に向けて強化稽古を行いました。
2017年10月5日16:47:17
・掲載内容:道場練習風景
image
10月14日(土)・15日(日)、東京体育館にて第49回全日本空手道選手権が開催されます。無差別級で行われるこの大会は、福岡支部は男子9名、女子4名がエントリーしており、入賞を目指して緑師範の指導の元、福岡本部道場にて強化稽古に励みました。型の稽古では体の脚の軸をしっかりして組手でもブレずに闘うよう指導されました。ミット打ちでは、相手をいかに崩していくかを意識して打ち込みをし、またスパーリングでは防具をつけた相手に気迫を込めて打ち込みを行いました。最後に緑師範からは大事なこの時期、体調管理をしっかりしてケガなどしないでベストコンディションで大会に挑んでくださいと話されました。

BACK

入門をご希望の方はこちら