新極真会 福岡支部 最新情報
活動報告|新極真会 福岡支部 新極真カラテ 緑健児道場
ホーム > 活動報告

全て表示
・大会選手成績(114)
・道場練習風景(118)
・昇段者速報(11)
・大会内容告知(61)
・キャンペーン(3)
・地域奉仕活動(6)
・道場オープン(34)
・道場案内紹介(13)
・インタビュー(10)
・メディア取材(59)
・合宿稽古風景(10)
・緑道場グッズ(2)
・海外活動情報(1)
・TV放送案内(13)
・セミナー(4)
・緑師範活動(8)
・道場生紹介(2)
・他、掲示事項(84)

キーワード:
■6月25日(日)、夏季昇級審査会が行なわれました。
2017年6月26日18:40:34
・掲載内容:他、掲示事項
image
6月25日(日)、福岡市の愛宕小学校体育館にて185名が夏季昇級審査を受けました.今回、8名が茶帯(1級が1名、2級が7名)の審査を受け、憧れの黒帯へのステップを果たしました。緑師範からは、茶帯に昇級すれば黒帯が見えてくる!黒帯になればくじけない心で人間的にも強くなりますと熱く語り、みんな黒帯を目指して悔いのないように集中して審査を受けてくださいと話されました。

■新極真会福岡支部 道場生募集CM
2017年5月10日17:42:39
・掲載内容:他、掲示事項
image
新極真会代表の緑健児が師範を務める福岡支部の道場生募集のCMです。見学・体験入門をご希望の方は、お電話または各道場の見学・体験入門のご予約からお申し込みください。

■森指導員、竹島指導員の送別会を行いました。
2017年3月27日16:22:4
・掲載内容:他、掲示事項
image
この度、福岡支部にて森指導員は16年、竹島指導員は13年間フルコンタクト空手を通じて道場生の育成に尽力されましたが、4月より鹿児島中央森道場の開設に伴い二人が新たな地でスタートを致します。送別会と道場開設のお祝いの会を道場生、ご父兄、関係者180名が集まり盛大に行いました。緑師範からは、二人が力を合わせて頑張って鹿児島の地でフルコンタクト空手を大きくしてくれると思いますと挨拶をしました。道場責任者になる森指導員からは、小学生の時に空手を始めた思いや世界大会の出場へ憧れを語り鹿児島中央森道場の発展の決意を述べました。

BACK

入門をご希望の方はこちら