新極真会 福岡支部 最新情報
活動報告|新極真会 福岡支部 新極真カラテ 緑健児道場
ホーム > 活動報告

全て表示
・大会選手成績(120)
・道場練習風景(124)
・昇段者速報(11)
・大会内容告知(63)
・キャンペーン(3)
・地域奉仕活動(6)
・道場オープン(35)
・道場案内紹介(13)
・インタビュー(10)
・メディア取材(66)
・合宿稽古風景(10)
・緑道場グッズ(2)
・海外活動情報(1)
・TV放送案内(14)
・セミナー(4)
・緑師範活動(8)
・道場生紹介(2)
・他、掲示事項(89)

キーワード:
■年会費改定のお知らせ
2018年1月10日12:54:49
・掲載内容:他、掲示事項
image
全国の会員様を一元登録し、年会費をお納めいただくことで組織活動のさらなる拡充を目指す会員登録制度は、2005年の施行から12年が経過致しました。

この12年間、当会の組織規模や活動もそれを取り巻く社会情勢とともに大きく変化して参りました。2005年当初は全日本ジュニア大会、マスターズ大会と個別開催だった大会も2008年よりカラテドリームカップとして統合、昨年よりさらに新人戦を導入し、カラテドリームフェスティバルと改称致しました。当初は1,000人程だった参加者も昨年は2,300人を超え、階級も大幅増、大会規模はなお拡大を続けております。
また、ドリームフェスティバル等で活躍する次世代のジュニア選手育成を目的としたユース・ジャパン強化合宿も、2005年に50人の選抜選手でスタートし、現在では500人の選手が参加するマンモス合宿となっております。
加えて大会のテレビ放映につきましても、2005年当初はスポーツ番組内のコーナーとしての中継でしたが、近年は独自の番組として全国ネットの地上波放送を安定的に実現させております。
本制度発足以来、会員様のご負担を考慮して値上げすることなく据え置いて参りました年会費ですが、従来の会員サービス(会員証・会報の発行、傷害補償制度、来場記念特典など)に加え、こうした法人事業の拡大による費用増に伴い、平成30年4月8日引落分より、以下の通り改定させていただきたいと存じます。
より快適な空手ライフを実現できるよう、関係者一同努力して参る所存でございます。
皆様におかれましては何卒ご理解いただき、引き続き当会をご愛顧いただきますようお願い申し上げます。

平成30年4月8日口座振替分(一部現金入金含む)より、年会費を下記に値上げさせていただきます。

■普通会員/家族会員A/サポーター会員:
3月8日振替までの年会費 8,000円 → 4月8日振替からの年会費 10,800円

■SC会員/SC家族会員A:
3月8日振替までの年会費 3,000円 → 4月8日振替からの年会費 3,240円


※残高不足等の要因で4月8日以前に引落とされるべき年会費が4月8日以降の振替となった場合でも新会費での引落となります。
例)普通会員の場合 3月8日口座振替(8,000円) → 残高不足の為、4月8日に再振替(10,800円)
※4月8日口座振替対象の方で引落前に退会をご希望の場合、ルールに則り2月末までに退会手続きをお済ませ下さい。
※家族会員B(SC家族会員B含む)は現行同様、年会費は発生致しません。

【お問い合わせ先】
NPO法人全世界空手道連盟 新極真会 総本部事務局 会員登録係
〒162-0814 東京都新宿区新小川町9-20 新小川町ビル2F
TEL:03-3268-5677/FAX:03-3268-5688
【受付時間/月曜〜金曜(祭日は除く)午前10時〜12時、午後1時〜午後6時】



■初稽古だ門司道場!今年1年頑張るぞ
2018年1月10日11:18:32
・掲載内容:道場練習風景
image
1月6日(土)、渡辺師範代の指導で少年部と一般部の合同で行い、初稽古を手を抜くとこの1年頑張れないぞ!稽古は自分との戦い!苦しい時に気合いを入れて声を出し全力で立ち向かえと檄が飛び初稽古を行いました。基本稽古では道場に響き渡る大きな声を出して技を確かめながら気合いを入れ、最後は100本の上段回し蹴りを行いました。その後スパーリングでは負けない気持ちを全面に出して力を出し切り初稽古を終えました。

■12月24日(日)、冬季昇級・昇段審査会が行なわれました。
2017年12月28日9:35:27
・掲載内容:他、掲示事項
image
12月24日(日)、福岡市内の愛宕小学校体育館にて178名(内、白帯51名)が 冬季昇級・昇段審査会に挑みました。緑師範からは、今回、あこがれの初段(黒帯)には7名が審査を受けるのですが、戦いぶりを目に焼き付けて将来みんなも黒帯への審査を受けられるよう日々稽古に励んでくださいと激励しました。組手の審査ではご父兄・道場生の声援を受け1年を締めくくる戦いを気合いを全面に出して頑張りました。審査後は年末恒例の千本突きと千本蹴りを行ない、苦しさに負けない気迫の声が体育館に響き渡りました。 

BACK

入門をご希望の方はこちら